« 5月22日(火) 中学生テスト初日です。 | トップページ | 松山東雲中学・高等学校 学校見学会のお知らせ »

2007年5月22日 (火)

5月22日(火) 救急救命講習会の様子

 本日午後から教職員対象の救急救命講習会が行われました。毎年行っている行事ですが,これによって東雲中学・高等学校の教職員は,救命措置方法やAEDの使用方法を十分に理解し,万が一の時に備えています。

Cimg3553hp4
↑女性の先生達は的確な救命措置をしていました。

Cimg3557hp5
↑英語のグレッグ先生やトム先生も参加していただきました。

Cimg3565hp7
↑木村先生の使用しているのが,AEDですね。正式にはAutomated External Defibrillator(自動体外式除細動器)の略です。

AEDの重要性について(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照)
 日本では救急車が現場到着するまで平均で約6分強を要するが、心停止した場合、一刻も早く電気的除細動を施行することが必要とされており、6分も待つ余裕は全くない。救急車の到着以前にAEDを使用した場合には、救急隊員や医師が駆けつけてからAEDを使用するよりも救命率が数倍も高いことが明らかになっている。こうしたことから、AEDをなるべく多数配置するとともに、一人でも多くの住民がAEDに関する知識を有することが非常に重要だとされている。

|

« 5月22日(火) 中学生テスト初日です。 | トップページ | 松山東雲中学・高等学校 学校見学会のお知らせ »